Noboribetsu Mountaineering Club


北日高・神威岳カタルップ沢&八の沢



2008年7月5日から6日、9名が少し早いかなと思われる神威岳から流れ出す二本の沢に
入渓する。一本はカタルップ沢で初日(5日)昼から入渓して下二股まで遡行して滑る岩床
に手こずる。橋下からすぐ始まる小滝でいきなり滑り滝落ちしCLがすぐさま助ける。    

翌日が八の沢で神威岳頂上を目指す。入渓から単調な川原歩きで沢中から頂上らしき山
が見えていた。そろそろ二股分岐のはずがその分岐を通過した様で慌てて戻る。     
二股分岐を確認して左股に入る。水は冷たい。いよいよ滑滝がはじまった。         
エサオマントッタベツの滑滝よりも上かな、長いし細かいホールドで急勾配。いよいよか・・
ぐいぐいピッチを稼いで大きな滝に出会うが周りが雪渓で滝に取りつくが冷たいゾ・・・・  

カタルップ沢
カタルップ橋から入渓 滝はすぐ始まる 深い滝壺とよく滑る岩床 冷たく強い水流
滝の連続 いくつ滝が有るのだろう ピン付地下足袋は要注意 下二股分岐で戻る
また来るぞーイイさわだ! 全員が初遡行の沢でした 濡れた冷たい体を暖める 神威岳遠望
神威岳・八の沢
八の沢出会いで気合だ! 長い川原歩きついに滝が出現 見過ごした二股出会い いよいよ待望の滑滝
長いゾ・・水流も強い 細かいホールドを掴んで 右手に大滝と雪渓 大滝右岸直登に挑戦
大滝の全貌 左股の滑滝から高巻く 大滝のクリアーを断念し下降 二つ目の下降

山の写真アルバムに戻る